マーケティングからセールス活動の管理運用を一貫化するポイント

無料eBook & セミナー動画

マーケティングからセールス活動の管理運用を一貫化するポイント

マーケティングと営業を一貫化する3つのポイントを徹底解説!

改善すべき3つのポイントを把握して部門間のスムーズな連携を実現させましょう

マーケティン部門と営業部門の活動が一貫化されていない企業は、各部門が確保した件数が売り上げにつながらず、業務の効率も大幅に低下します。リードの引き継ぎ時などに発生する部門間のズレも、企業全体の業績を悪化させる原因です。そのため、多くの企業が部門間の一貫化に関する課題を抱えています。

マーケティングとセールス活動の一貫化を実現するには、部門間で共通の最終目標を持ち、マーケティングと営業の両プロセスを把握したうえで、分析結果を共有する必要があります。改善すべき3つのポイントを確認してマーケティングからセールスまでを共通軸で管理できれば、マーケティング部門と営業部門のスムーズな連携は決して難しくありません。

本ガイドでは、マーケティング部門と営業部門を一貫運用する具体的な方法や改善策を詳しく解説しています。リードステータスの定義例やパイプラインによる営業管理、HubSpotが提唱する「ライフサイクルステージ」の活用方法なども紹介していますので、部門間のズレに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

よくある質問(FAQ)

  • ダウンロードの際にお客さまの情報をご提供いただくのは、お客さまのニーズに合わせてウェブサイトをパーソナライズし、お客さまの役に立つ情報を提供すること、お客さまがご興味をお持ちになりそうな情報をEメールなどでお送りすること、また、お客さまにとって価値があると思われるご案内をお送りすることを目的としております。HubSpotでは、お客さまの個人情報を常に安全に管理いたします。

    当社のプライバシーポリシーは、こちらのページでご覧いただけます。

  • もちろん無料でご利用いただけます。

    HubSpotの提供する情報がお客さまのお役に立てば幸いです。今後、マーケティングに関する疑問が生じた際は、ぜひ当社までお問い合わせください。

マーケティングとセールス活動の一貫化を実現するための3つの改善ポイントとは?